top of page

箱ベース - Box bass (2002)


・1オクターブの自作巨大カリンバ(親指ピアノ)です。ジャマイカに(単に観光で)行ったコバヤシが、カリプソ?メント?などを渋くも演奏するご老人バンドが使用していたのを発見、帰国後に真似して作りました。バンド名を聞いたら「ジャマイカン・オールスターズだ」と言っておられましたが、それ本当かよ、御老人・・・。


・正しくはマリンブラとかルンバボックスというのだそうですが、発音体にスプーンを使った点がジャズボイラーズのオリジナルと自負。サウンドホールの形は「松」だよ、だって俺ら東洋人じゃん?



・音程はBb~Bb(写真参照)、スプーンの配列はピアノの鍵盤どおりなので、ピアノの鍵盤に慣れていてコードの分かる人ならば結構すぐ弾けるはずです。構造は非常に簡単なので、箱が作れる程度の工作スキルのある方ならば、自作に挑戦されると良いでしょう。ただし残念ながら音量がかなり小さいので、向いているのはアコギ弾き語りの伴奏とか静かめの用途になりそうです。


・素材のベニヤ板は、電気通信大学空手部主将(当時)のフジサワくんがくれました。本棚を作ったときの余りだそうです。ありがとうフジサワ!押忍!!


・2020.01 ついに動画が録れました!箱ベース初体験の鳥山さんもこの動画に思わず「これはやばいですね!」とのこと。笑



・ちなみにジャマイカのメント(mento)はニューオリンズジャズに近い要素があるのか、ゆるーくて楽しい音楽でした。こんなかんじ。バンジョーも弦が5本でなく4本のものであり、戦前のアーリージャズからの流れがうかがわれます。


・2020.11追記:真似して作って頂いても結構ですが、我々独自の要素を参考にされた場合には、公表や実演の際に「ジャズボイラーズの~」と出典を明示して頂くのが条件です。よろしくお願いします。

閲覧数:14回

Комментарии


bottom of page